STAFF

プロデューサー:本井貞成

72年福島県出身。大手レコード会社やマネージメント会社、MTV JAPANなど音楽業界から映像業界に転身、AOI Proを経て現在に至る。
AOI在籍時、リアリティドラマ『SHIBUHARA GIRLS 2』をプロデュースした際に脚本・監督として福島拓哉を起用。以降、数社を渡り歩くも福島拓哉とのコラボレーションは続き、CM、PVなど多くの映像作品を生み出す。
『LEGACY TIME』で自身初の映画プロデュース。本作も引き続きプロデューサーを務めている。

プロデューサー:岩本光弘

70年東京都出身。プロダクション花城代表。東京理科大学薬学部製薬学科卒業後、製薬会社に勤務。退職後、フリーの制作部として『死国』(長崎俊一監督)、『リング0 バースデイ』(鶴田法男監督)、『郡上一揆』(神山征二郎監督)、『三文役者』(新藤兼人監督)、『ひとりね』(すずきじゅんいち監督)などの撮影現場に従事。
04年にシネマアートン下北沢支配人に就任。劇場閉館後、シネマート新宿・六本木の劇場番組編成に従事した後、独立。
プロデュース作品は『アワ・ブリーフ・エタニティ』(福島拓哉監督)、『ナイトピープル』(門井肇監督)、『キミサラズ』(井川広太郎監督)、『LEGACY TIME』(福島拓哉監督)など。

撮影監督:木村和行

63年東京都出身。東京写真専門学校(現・東京ビジュアルアーツ)放送芸術科卒業。テレビ番組現場で福島拓哉と出会って以来、映画、CM、PV等数多くの現場でタッグを組んでいる。

-主な作品-
・CM…『チョロQ』(タカラトミー)、『ザ・リーヴ』(リーヴライフ21)
・MV…『光線』六九屋裕光、『7cm』石井聖子、『Fairytail Of Sugamo』『やっちゃあいけないことなんてないんだぜ!』『などわ』イギリス人
・映画…『My Try 〜私の小さなエコ記録〜』、『ゴージャス・プリンセス!』(福島拓哉監督)、『キミサラズ』(井川広太郎監督)、『LEGACY TIME』(福島拓哉監督)

撮影:難波俊三

70年神奈川県出身。東京工芸大学短期大学部卒業後、スポーツニュース番組カメラアシスタント、16、35mm 短編、記録、成人映画等の撮影助手を経てフリーランスカメラマンに。
テレビ、CM、スポーツ大会記録、企業PR、建築土木工事記録等、多ジャンルの撮影に至る。
『ゴージャス・プリンセス!』以来、木村とのコンビで常に福島作品を支えている。

撮影・スチル:川口紘

84年東京都出身。早稲田大学卒業後、09年アシスタント、スタジオGO-SEES勤務を経て渡英。
11年フリーランスへ。
Beauty,Fashion,Portraitを軸に雑誌、広告、エディトリアル、映像作品で活躍。
本作ではスチル以外にスペインパートでの撮影を担当。

照明:高橋拓

77年千葉県出身。渡英し映画撮影および照明を学ぶ。帰国後、テレビ制作会社、照明機材会社勤務の後、フリーの照明助手として『実録・連合赤軍 浅間山荘への道』『キャタピラー』などの若松孝二監督作品や『ひぐらしのなく頃に』(及川中監督)などに参加。
10年から照明技師として 映画、CM、PV など様々な映像制作現場を経て現在に至る。
主な作品に『LEGACY TIME』(福島拓哉監督)『美代子阿佐ヶ谷気分』(坪田義史監督)、『ハーメルン』(坪川拓史監督)、『禅と骨』(中村高寛監督)などがある。

音響監督:田中秀樹

69年長野県出身。音楽家。サウンドデザイナー。
東京理科大学理工学部工業化学科卒業。TVCM、Web Sound、映画など数多くの作品を手掛ける。
本作でニース国際映画祭最優秀音響賞ノミネート。

-主な作品-
・CM…『四季が織りなす日本の風景』(西武HD)、『昼カブ』(カブドットコム証券)『キャリルーノ』(オウチーノ)
・PV…『BRAVIA』(SONY)、『M-200i』(Roland)
・映画…『アワ・ブリーフ・エタニティ』(福島拓哉監督 )、『The Apology』(渋谷悠監督)、『D・PROJECT』(山岸謙太郎監督)など

美術:安藤秀敏

83年茨城県出身。武蔵野美術大学彫刻科卒業。P-kraft及びデザイナーユニットPickpic所属。映画やCMなどの映像、舞台演劇、店舗内装など、ジャンルにこだわらないスタンスで活動。グラフィックからセットデザイン、大道具、塗装、造形まで幅広く手掛ける。

-近年の主な作品-
・CM…『「I’m超野」〜超野家の食卓激震篇〜』(au)
・VP…『The Yakult Lady』(ヤクルトヨーロッパ)
・映画…『LEGACY TIME』(福島拓哉監督)、『ポエトリーエンジェル』(飯塚俊光監督)、『ひかりのたび』(澤田サンダー監督)、『ターコイズ・スカイ』(KENTARO監督)

美術・VFX:菊地実幸

82年千葉県出身。P-kraft及びデザイナーユニットPickpic所属。映画やCMなどの映像美術、装飾、小道具や映像編集を中心に活動。06年の短編『days of』以降、ほとんどの福島拓哉作品に主に美術で参加。本作でニース国際映画祭最優秀VFX賞ノミネート。

-近年の主な作品-
・CM…『「I’m超野」〜超野家の食卓激震篇〜』(au)
・VP…『The Yakult Lady』(ヤクルトヨーロッパ)
・映画…『LEGACY TIME』(福島拓哉監督)、『ひかりのたび』(澤田サンダー監督)、『SCORE』(板部文監督)、『ポップ・ロック・ビルディング』(かげやましゅう監督)、『ターコイズ・スカイ』(KENTARO監督)

衣装:森美幸

62年東京都出身。文化服装学園で学び、VIVA YOU の デザイナー、マガジンハウス「オリーブ」の専属スタ イリストを経てフリーランスになり、現在に至る。主に広告業界にて村上里佳子 、篠原涼子、小沢真珠、森尾由美、宝生舞、上原多香子、福原愛、高畑淳子、田中律子、藤本泉、高橋尚子、熊沢千絵、山口遊子、北見敏之らのアーティストスタイリング含め数多くの作品に携わる。
近年は『狂おしき真夏の一日』などオペラにも進出。
映画作品への参加は『DRUG GARDEN』(広田レオナ監督)以来2本目となる。

ヘアメイク:榎本愛子

フリーランスヘアメイクアップアーティスト。P-kraft所属。
CM・映画・MVなどの映像、広告・雑誌・カタログなどのスチール、ライブ・イベントetc…ジャンルを問わず幅広く活動中。
本作でニース国際映画祭最優秀ヘアメイク賞ノミネート。

音楽:関口純(トルコ石)

78年埼玉県出身。03年『自由』参加後、『クロス・ザ・レンズ』、『アワ・ブリーフ・エタニティ』等の福島拓哉主要作品のほぼすべてで音楽を担当。本作では所属バンド・トルコ石で楽曲を制作。
12年より、人種国籍問わず東京に集まる実力派バンドを紹介するライブイベント350SHOWCASEのオーガナイザーを務めている。
またP-kraftメンバーとして、自身が監督を務める短編映画を数本制作。最新作『VISA』は、第19回タイshort film and video festivalにてオープニング作品として上映された。

音楽:河原弘幸(floating mosque)

少年時代を過ごしたアラビアで目の当たりにした砂漠と爆発を起源として独自の音楽を追求している。
その傍で不定期ジャムバンドfloating mosqueのボーカル、不定期シンガーleafとして活動。
また詩作、作詞、作曲、編曲、歌唱、MAエンジニア、ボーカルコーチングなど多様に活動中。
本作が映画初参加でエンディング曲『kakko』はfloating mosqueとして350SHOWCASEに出演した際のライブテイクである。